ラブサーチに潜むサクラ・業者の見分け方と回避方法

ラブサーチ
  • 「出会い系サイトなんてサクラばかりで意味がない!」

そう思っている人はいませんか?

確かに悪質なサイトの中には、ほとんどがサクラや業者ばかりではないかと疑わしいものもあるのは確かです。

しかし、全ての出会い系サイトや婚活サイトがサクラだらけというのではなく、サイト側が「サクラゼロ」を宣言しているところもあります。

そのうちの一つであるのが、優良サイト「サブサーチ」です。ラブサーチはサクラはほぼゼロと言ってもいい程、安全で確実に出会いを見つけられる期待ができます。

しかし、悪質な業者が紛れ込んでいないかというと、残念ながらいないと断言することはできません。

今回は「ラブサーチにサクラがいない理由」と、「業者に騙されないための対策」について説明しますので、是非参考にしてみて下さい。

ラブサーチにサクラがいない根拠は?

出会い系サイトは名の知れたサイトからそうでないサイトまで数多くありますが、必ず「サクラがいる」と言われています。

なぜその中でもラブサーチは、サクラがいないと予想できるのでしょうか。根拠をまとめてみました。

ポイント制ではなく月額固定料金のため

サクラというのは、サイト側が自分で用意をした「偽物の女性会員」のことです。偽物の女性会員と一般の男性会員とやり取りをさせることで、サイト側が利益を得るという仕組みになっています。

ポイント制のサイトであれば、男性がポイントを購入すればする程、サイト側は利益の獲得が可能です。しかし、ラブサーチは定額制サイト、つまり月額固定料金のため、どれだけ使っても1ヶ月の利用料金は変わりません。そのため、利益を得ることができないのです。

サクラを雇うには当然お金が必要ですから、利益がでないとサクラの雇用費を支払えませんよね。うまみが全くないため、ラブサーチにサクラはいないと言えます。

利用者の口コミでも聞かない

実際に利用した人の意見からも、「サクラがいた」という報告はほとんどありません。もしいるのだとしたら、必ず誰かが被害を訴えるはずです。

いろいろな口コミサイトで調査をしましたが、サイト側が用意したサクラの被害に合ったという体験談は見つからなかったので、サクラがいない根拠の一つと言えます。

サクラ以外の業者とは

悪質な利用者には、サクラ以外にも「業者」と呼ばれる人たちもいます。こちらはラブサーチとは無関係の会社やサイトなので、一般の会員を装って登録している可能性はゼロではありません。

サクラ対策の前に、まずはどんな種類の業者が存在するのかを知っておきましょう。

キャッシュバッカ―はいない

出会い系サイトの中には、貯めたポイントをキャッシュバックできるサイトもあります。そのようなサイトでは、「キャッシュバックを目的とした会員=キャッシュバッカー」と呼ばれる人たちが潜んでいる可能性もあるのです。

しかし、ラブサーチにはそのような換金システムはありません。ポイント自体が存在していないため、キャッシュバッカーはいないと言えます。

メアド回収業者・LINEID回収業者は可能性あり

「メアド回収業者・LINEID回収業者」とは、会員のメアドやLINEIDの回収を目的とした人たちのことです。回収したメアドなどは買取業者に高値で売りつけたり、迷惑メールの送信、LINEをのっとるなど悪用をします。

これらの人たちは、会員とメッセージのやり取りをする中で情報を聞き出すのが手口です。そのため、月額料金を支払ってでも行為に及ぶ可能性は否定できません。

メッセージのやり取りに高額の送信料がかからないサイトでは、メアド回収業者やLINEID回収業者はいると考えておいた方が良いです。

他サイトの誘導業者もいる可能性あり

その他、他の悪徳出会い系サイトに誘導しようとする勧誘業者もいます。これもメアド回収業者と同じように、メッセージのやり取りを利用して相手を誘導するため、ラブサーチにも潜んでいる可能性はゼロではないでしょう。

業者の見分け方

これらの業者に騙されないためには、業者と一般の会員を見分ける方法を知っておくことが大切です。ラブサーチは月額固定料金制のサイトなので、登録男性はサクラとメッセージをやり取りする分にはマイナスになりません。

メッセージのやり取り以外の被害を防ぐため、見分け方のコツをしっかりとおさえておきましょう。

メッセージのやりとりが不自然

話が噛み合わなかったり、こちらからの質問が頻繁にスルーされたりなど、メッセージのやり取りが不自然だと感じた場合は注意をした方が良いです。

業者は出会いに結びつかせることが目的ではないため、目的に直結する話以外の会話は適当になることがあります。コンピューターのプログラムでやり取りしていることもあるので、その場合は会話が噛み合わないことがあるのです。

何か違和感を感じたら、メッセージの返信を控えた方が無難です。

女性から挑発的なメールが届く

エロい会話が多かったり、女性の方から挑発的なメールを送ってくる場合も要注意です。真剣に出会いを求めている女性は、どちらかと言えばメッセージの内容には慎重になるでしょう。

メール一つ送るのにもあれこれ考えて文章を作成しますから、エッチな内容は男性の下心をくすぐって誘惑していると言えます。挑発的なメールも、メールのやり取りにかなり慣れているから送れるものではないでしょうか。

他の出会い系サイトを勧めてくる

ある程度仲良くなってデートの約束をしてもいいかな、と思える段階になれば、ラブサーチ以外の方法で連絡を取ることもあるでしょう。

しかし、他の出会い系サイトでのやり取りを勧めてくる場合は、サクラの可能性が高いです。しかも誘導先のサイトは「悪徳サイト」の可能性もあります。

他の出会い系サイトを利用するとなると、男性側はさらにお金を支払わなければなりません。ラブサーチの利用料金でさえ無料ではないのですから、さらにお金を使わせようとするのはサクラの手口です。

一般女性であれば、男性に余計なお金を使わせないようにするのが普通です。

サクラや業者以外の注意点

ラブサーチを安全に利用していくためには、サクラや業者以外にも注意すべきことがあります。ポイントを2つにまとめましたので、こちらも合わせて参考にしてみて下さい。

ラブサーチと似た偽サイトがある

実は、サブサーチには「偽サイト」が存在しています。偽サイトは悪質サイトの可能性が高いので、公式サイトと間違えて登録してしまわないように気を付けましょう。

URLで判断するのが最も間違いを防げます。「https://lvs.jp」こちらがラブサーチの公式サイトURLです。このURL以外のサイトは偽物ですので、騙されないように注意しましょう。

援助交際の誘いがある

メッセージのやり取りをしている中で、援助交際を誘うようなメッセージがたまにあるようです。18歳以上は登録できないようになっていますが、悪質な業者が18歳未満の女の子を不正に登録させていることがあるからです。

18歳未満だなと感じる相手を見つけたり援助交際に誘われた時は、それ以上連絡を取らないようにしましょう。規約違反で強制退会になる可能性があります。

業者に出会ってしまった時の対処法

最後に、悪徳業者と思われる会員に出会ってしまった時の対処法をご紹介します。気づいた時点ですぐに対処をしないと、重大な被害に合ってしまう可能性も否定できませんので注意しましょう。

通報機能を利用する

ラブサーチには不正なユーザーを運営に通報する機能があるので、そちらを利用すると良いです。プロフィールページの下部に「通報する」というボタンがありますので、そちらをクリックするとそのプロフィールのユーザーを通報できます。

無視する

わざわざ通報するのも面倒な人や、本当に業者かどうか不安が残る場合は、とりあえず無視しておくだけでも良いです。業者は、レスポンスがない男性に固執することはあまりありません。無視をすればたいていの場合はそこで終了します。

気になる人はその登録女性を「ブロック」するのも一つの方法です。

さいごに

悪徳業者は様々な手口を使ってユーザーを陥れようとしてきます。どんなに優良と言われる出会い系サイトでも、全くゼロにはならないのが現状です。

だからと言って、騙される可能性をゼロにできないというわけではありません。対策をきちんと知り、慎重にやり取りをしていけば限りなくゼロに近づけることができるでしょう。プロフィールの写真や自己紹介欄もしっかりと確認することが大切です。

安全にサイトを利用していくためにも、「自分は大丈夫」と過信しないようにしましょう。

出会い系サイトランキング

happymail

PCMAX

出会い系サイトで圧倒的な人気を誇り、不動No.1の「PCMAX」
会員数・アクティブユーザーはトップランクでサイト内は活発です。
利用者の年齢層は20代から40代、学生から人妻と幅広く、利用目的も恋愛から友達、大人の関係まで出会えます。
あなたの好みの人が必ず見つかること間違いなし!
happymail

ハッピーメール

知名度No.1の出会い系サイト「ハッピーメール」。使い勝手が良く操作が簡単なので、初心者にも人気が高いサイト。
イククル

イククル

「恋も遊びもイククルで!」で有名な出会い系サイト「イククル」。恋からアブノーマルまで相手を見つけやすいと好評!
\ 2017年-もっと詳しいランキング /
完全版ランキングはこちら